菱陽電機株式会社

沿革

沿革

昭和43年11月 三菱電機株式会社および冨士ベークライト株式会社の共同出資により設立、
安全ブレーカの組立を開始
昭和47年 8月 プレス部門を設置、同年11月芳井町に「芳井工場」を設置し同所に移転
昭和47年10月 芳井町に「共和工場」を設置
昭和63年 8月 電流制限器の組立を開始
平成元年12月 サーキットプロテクタの組立を開始
平成 2年10月 配線用遮断器、漏電遮断器の組立を開始
平成 3年 6月 矢掛町小田に「第2工場」を設置
平成 4年10月 サーキットプロテクタの国際規格(UL、CSA、TUV)を取得
平成14年 4月 中国 大連工場 (冨士ベークライト)へ遮断器の組立を外注委託
平成15年 1月 ISO9001認証取得
平成16年 2月 中国安全認証(CCC)を取得
平成17年 8月 ISO14001認証取得
平成20年 3月 第2工場へ新工場建設、プレス部門(芳井工場)を統合
平成20年11月 電力量計(スマートメーター)の部分組立を開始
平成23年11月 小形配線用遮断器、漏電遮断器の組立を開始
平成24年 6月 プラ化 電力量計(スマートメーター)の部分組立を開始
平成26年 1月 冨士ベークライトベトナムへ遮断器の組立を外注委託
平成26年 7月 冨士ベークライトベトナムへ電力量計(スマートメーター)用端子ブロック(60A、120A)の組立を外注委託
平成27年 5月 電力量計(スマートメーター)用端子ブロック(30A、120A)の組立を開始